Just another WordPress site

アメリカンフットボールを知ろう
未分類 | 02月24日更新

アメリカンフットボールのチームについて

アメリカンフットボールとは、フットボールの一種で楕円形のボールを使い、2つのチームで得点を競い合う球技です。
アメリカで盛んに行われているフットボールで、日本では一般的にアメフトと略されることもあります。

アメリカンフットボールは、基本的にセットプレーで、ボールを確保するオフェンスとディフェンスが両者が向かい合い静止した状態からプレーが始まり、タックルなどでディフェンスがボールの前進が止まったときにプレーは終了します。
1プレイはほとんどが10秒以内に終了し、この短いプレイを積み重ねてゲームを進行させます。
試合全体の時間が決まっており、得点を多く挙げたほうのチームが勝利となります。サッカーやラグビーのようにロスタイムがないため、時計と勝負するスポーツとも言われています。

プレーに参加できる選手の数は、1チーム最大で11人で、計22人で試合は進められます。プレーとプレーの間であれば、一度に何人でも交替することができ、一度外れた選手でも再びプレーに参加することも可能です。

アメリカンフットボールはタックルやブロックなど、激しいコンタクトが多い競技ため、体格の良い選手が有利とされていますが、ポジションに応じたパワーやスピード、スタミナや捕球力などの適性や役割が明確なため、体格や運動能力だけではなくスピードや技術があれば活躍のできる競技です。

アメリカンフットボールを行う場合には、ヘルメットやプロテクターなどの防具をきちんと装備して行うことが大切です。

未分類 | 02月24日更新

アメリカンフットボールのポジションについて

アメリカンフットボールは1869年にアメリカ合衆国で発祥したとされているスポーツで、楕円形のボールを使い各チーム11人ずつのプレイヤーで行われます。アメリカンフットボールは用いるボールの形が似ていることやタックルなどからラグビーとよく混同されがちですが、基本的なルールや選手が身につける装備もおおきく異なります。アメリカンフットボールのポジションは大きく分けてオフェンスチーム・ディフェンスチーム・スペシャルチームにわけられます。オフェンスチームは、攻撃方法を考え攻め方を決定する司令塔であるクォーターバック(QB)、QBからボールを受け取って敵陣に向かって走るランニングバック(RB)、QBからのパスを受け取るワイドレシーバー(WR)、ショートパスを受け取るタイトエンド(TE)、バックス陣を敵から守るオフェンシブライン(OL)に分けられます。一方ディフェンスチームはOLの壁を突破して相手の攻撃を阻止するディフェンシブライン(DL)、主にRBやTEなどのボールを持ったバックスにタックルをして攻撃を止めるラインバッカー(LB)、WRのロングパスを阻止するディフェンシブバック(DB)に分けられます。また4回の攻撃で10ヤード獲得できない場合、次の守備を有利な位置から始めるためのパントやキックによる得点獲得を狙うフィールドゴール、タッチダウン後や試合開始時のキックオフを担当するスペシャルチームは、キックオフ時やフィールドゴールの際にボールを蹴るキッカー、ボールを受け取りキッカーが蹴りやすいようにボールを支えるホルダー、ホルダーにボールを投げるロングスナッパー、パント攻撃時にボールを蹴るパンター、相手チームのパンターやキッカーが蹴ったボールを受け取り敵陣へ攻め込むリターナーに分けられます。

未分類 | 02月24日更新

アメリカンフットボールのルールと人数について

日本の国技は「相撲」ですが、アメリカの国技は「アメリカンフットボール」です。そのぐらい、アメリカンフットボールはアメリカでメジャーなスポーツです。本場アメリカでは単に「フットボール」とも呼ばれており、非常に人気の高いスポーツの一つです。さて、一見複雑そうに見えるアメリカンフットボールのルールですが、基本を理解してしまえばそこまで難しくありません。まず、試合時間は原則として60分です。これを第1クォーターから第4クォーターまで、それぞれ15分ずつに分かれています。ただし、日本の「学生アメリカンフットボール」の場合は、1クォーターの時間が12分と少し短くなっています。また、アメリカンフットボールの最大の特徴として、試合中に時計が止まることが挙げられます。時計が止まるのは、「どちらかのチームがタイムアウトを取った時」や「負傷者によるレフェリータイムアウトの時」、そして「ボールを持った選手がフィールド外に出た時」などです。そのため、実際の試合時間は1時間半から2時間程と、ルール上の試合時間よりも長くなります。また、アメリカンフットボールのチーム人数は11人です。これはあくまで「一度にフィールドに出られる人数」であるため、チーム全体の人数は膨大な数にのぼります。また、選手の交代に制限が設けられていないため、オフェンスに特化した選手やディフェンスに特化した選手、小柄で素早い動きが出来る選手や、大柄でタックルに強い選手など、様々な特性を持った選手で構成されています。

未分類 | 02月24日更新

アメリカンフットボールや投げ方についてのこと

アメリカンフットボールは、ふたつのチームで得点を競う球技のスポーツです。フットボールの分類のひとつです。楕円形をしているボールを使用します。アメリカやカナダで盛んなスポーツです。日本でもアメリカンフットボールは行われています。日本語では、鎧球と呼ばれています。攻撃側と守備側がわかれています。タックルなどによって、相手の選手の前進を止めるのです。前進が止まった時点で、ひとつのプレイは終わります。そして、また仕切りなおしてプレイが行われます。攻撃と守備が分かれていることは、野球と少し似ています。短いプレイを繰り返すことによって行われる球技スポーツです。体格の大きさは重要な要素になります。スピードや技術があれば体格を補うことができます。正規のルールでは、試合の時間は一時間です。時間というのは、とても大切です。体を激しく使う競技のために、プロテクターなどは必須になります。この防具を装着しなければ試合を行うことはできません。アメリカにおいて、とても人気のあるスポーツです。大学のリーグも人気があります。日本国内でも試合は行われています。社会人だけでなく学生の試合もあります。現在に至るまでに、何度もルール変更が行われました。それは、安全に配慮したためです。そして、防具の整備も行われたのでした。アメリカンフットボールの投げ方は、ボールの端側を持って投げるのが基本です。単に投げても真っ直ぐには投げられません。ボールを回転させて投げる必要があります。

未分類 | 02月24日更新

アメリカンフットボールの基本的なルール

アメリカンフットボールは、2チームそれぞれ11人ずつの選手が互いのエンドゾーン(ゴール)にボールを持ち込むことによって得点を競うスポーツです。
最初にコイントスでキックオフを行うチームと、それをキャッチしてリターンするチームを決定します。そして、キックオフされたボールをキャッチしたチームに最初の攻撃権が与えられます。一度に4回までの攻撃を行うことができ、この4回の間にボールを10ヤード以上進めることができれば『ファーストダウン』となり、そこから新たに4回の攻撃を行うことができます。
攻撃は得点を得るまで行うことができますが、4回の攻撃で10ヤード以上ボールを進められなかった場合、その地点で相手に攻撃権が移動します。また、途中で相手チームにボールを横取りされてしまった場合も、攻撃権が移動します。
アメリカンフットボールの試合は15分4クォーターで行われ、この間にどれだけ得点を獲得したかで勝敗が決定します。4クォーターで同点だった場合には延長戦になりますが、現在のアメリカンフットボールのプロリーグでは、先にエンドゾーンにボールを持ち込む『タッチダウン』を決めたチームの勝利となるルールが採用されています。
攻撃側と守備側のチームが分かれているスポーツですが、守備側にも前述のボールを横取りすることによる得点チャンスがあるため、攻撃側といえども油断はなりません。一瞬先にどのような展開になるかが予想しにくくエキサイティングなスポーツであり、アメリカでは最も人気の高いスポーツのひとつとなっています。

top